産婦人科の医師求人サイトランキング

産婦人科医師求人TOP >> 産婦人科医のFAQ >> 産婦人科の医師の悩みは?

産婦人科の医師の悩みは?

産婦人科や、そこで診療をおこなう産婦人科医の不足が、深刻な問題になっています。産婦人科医は、それぞれたくさんの悩みを抱えながら日々の診療をしていますが、どのようなものが多いのでしょうか。

産婦人科医には、産婦人科特有の問題や、それに関わる悩みも多くあります。産婦人科医の悩みでやはり1番には、激務に関することがあげられます。出産には待ったなしの対応が必要で、24時間、365日体制でいつでも分娩対するに対応が求められています。日中は普通の診療をおこなっているにもかかわらず、夜中にも緊急で対応を求められることも多く、どうしても不規則な勤務体制になってしまいます。プライベートを大切にしたいと思っていても、なかなか叶わないことが多くなってしまいます。

産婦人科医の勤務自体は過酷を極め、それが原因で産婦人科医になりたいと思う医学生が減少しているともいわれています。そのため、いくら少子化だとはいうものの、それに対応する産婦人科や産婦人科医の数も減少していますので、現役の産婦人科医に1人1人に負担が寄せられ、さらに過酷な勤務になってしまうという悪循環に陥り、多くの産婦人科医を悩ませています。また、母体の危険は比較的少ないものの、出産にともなう危険はまだまだ多く、訴訟問題に発展してしまうケースも少なくはありません。

男性産婦人科医にとっては、女性の特有のナイーブな問題が多い分複雑です。一方、女性産婦人科医にも悩みはあります。多くの病院では、男女の区別なく同じような勤務が求められています。そのため、女性の産婦人科医が結婚し家庭を持つと、自分自身の妊娠や出産を機に続けること自体が困難となり、産婦人科を辞めてしまう医師も多くなっています。女性の立場が分かる女性医師が、働きやすくなるような職場の改善が求められています。女性産婦人科医にとっては、家庭や育児との両立に悩むことも多く、如何に続けていくかも課題になっています。

少子化の中、女性1人当たりの分娩回数も減っています。以前は、分娩は女性にとっても大きな転機であり、出来る限りきれいな病院で、優雅に出産の日を迎えたいというニーズも多く、各病院がこぞって対応に追われました。部屋の内装をまるで一流ホテルのように変え、食事も豪華なメニューを提供するようになりました。不況の影響は、出産に対する考えまで変え、出来る限り安価に出産、退院できる産婦人科を求める妊婦さんも増えました。設備投資した産婦人科は、患者数も減り経営難に陥っているところもあります。

晩婚化による初産年齢の高齢化やハイリスクな出産、若い女性の性感染症患者数は増えています。産婦人科の早期受診が望まれますが、現実は難しいようです。どうしても受診にためらいの多い産婦人科を、より身近なものとして受け入れられるようにしたい、という悩みを持つ産婦人科医も多くいます。

産婦人科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>産婦人科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014 産婦人科の医師求人サイトランキング All Rights Reserved.