産婦人科の医師求人サイトランキング

産婦人科医師求人TOP >> 産婦人科医のFAQ >> 産婦人科の医師の転科は?

産婦人科の医師の転科は?

高い希望を持ってなった産婦人科医ですが、24時間いつ分娩が始まるか分からず、プライベートを楽しみゆっくり休むことも出来ないため、産婦人科を離れてしまう医師も少なくはありません。分娩を扱わない「婦人科」の外来のみを診療するために、産婦人科から転科を希望する産婦人科医は多くなっています。

昨今の産婦人科医不足の中で、現職の産婦人科医の勤務状態は、困難を極めています。産婦人科医には、好き嫌いや向き不向きだけでは片付けられない、過酷な勤務の実態があるのです。産婦人科医には、24時間、365日いつ起こるか分からない出産に対応するために、プライベートな空間にいても常に緊張状態が続き、その重圧感はかなりのものになっています。

精神的にも肉体的にもきつい産婦人科ですが、転科を考える際ほかの診療科ではなく、分娩のない婦人科への転科も多く、婦人科医として活躍しているケースがあります。婦人科には、不妊治療や女性特有の子宮や乳房に関する病気、更年期障害などさまざまな診療があります。産婦人科の産科以外のものを全て扱っています。産科がない分、突発的に勤務することもなくなりますので、プライベートも充実できますし、女性の人生を支えるという意味では、変わりなく勤めることができます。

しかし、産婦人科医が不足していますので、産婦人科への転科が多くの方から望まれています。全国各地で、産婦人科医の需要はとても高くなっています。とくに異常のない分娩でしたら、助産師でも取り上げることができますが、帝王切開やその他の異常などがある場合には、やはり産婦人科でなければ対応が出来ないからです。

産婦人科医には、生命の誕生をサポートするという、大きな役目があります。とても感動的な瞬間であり、やりがいも多い仕事です。もちろん、感動的な瞬間がある反面、せっかく授かった生命を堕胎しなければならず、精神的にも負担が大きい場合も多々あります。このような産婦人科医としてのメリットやデメリットを、しっかりと見極めた上で、産婦人科への転科を希望される場合には、より条件の整った求人情報を探しましょう。

産婦人科医の求人情報は、都市部や地方を問わず数多くあります。もちろん日勤のみの勤務になりますが、より希望に合った産婦人科を探すためには、産婦人科の転職を専門に扱っている求人サイトの利用が良いでしょう。産婦人科の求人は、非公開でおこなわれることも多いためおすすめです。専属のコンサルタントが、条件のよい産婦人科を探してくれるばかりか、面倒な手続きなどもおこなってくれるところが多くあります。

産婦人科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>産婦人科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014 産婦人科の医師求人サイトランキング All Rights Reserved.