産婦人科の医師求人サイトランキング

産婦人科医師求人TOP >> 産婦人科医のFAQ >> 産婦人科の医師は不足している?

産婦人科の医師は不足している?

女性の健康や出産をサポートする産婦人科では、多くの問題を抱えています。なかでも最大の問題となっているのは、産婦人科の医師不足です。平成15年頃から産婦人科の医師不足はささやかれていましたが、今では深刻な問題になっています。

産婦人科のイメージを医学生に聞いてみると、「毎日忙しくて、24時間休まる時がない」「医療訴訟の多い職場である」「プライベートな時間が取れない」などという答えが多くなっています。実際に、他の診療科と比べてみても、医療訴訟の数も多く、マイナスのイメージが大きくなっています。少子化も社会問題になっていますが、全国的に分娩数は減ってはいるものの、産婦人科医は分娩の対応のために、24時間、昼夜を問わずに激務を強いられています。産婦人科を離れる医師が多くなると、1人の医師が担当する分娩数も必然的に増えてしまいますので、ますます厳しい勤務体制になってしまうのです。

自然分娩はいつおこなわれるかも分かりませんので、産婦人科ではどうしても昼夜を問わない勤務になりますし、緊急時に対応するために、常時準備をしておく必要があります。そのため、肉体的だけでなく精神的にも、産婦人科医の負担は大きくなっています。

最近では、日本産婦人科学会やその他の医療関係機関が対策を講じたおかげで、産婦人科医の待遇改善が広まり、若手の産婦人科医も増えつつあります。医療補償制度の創設や、若手医師同士が連携して勤務し、相互援助し合えるような体制が構築され初めています。

常勤の産婦人科医を見てみると、男性医師の減少が特に目立っています。患者の側からすると、異性である男性医師に診療してもらうことに、抵抗がある方も多いことを反映しているのかもしれません。一方、男性の産婦人科医に比べて、女性の産婦人科医は年々増加しています。女性の立場から患者に向き合い、自身の経験も踏まえた診療が出来るからでしょう。しかし、女性産婦人科医は、自身の結婚や出産、育児など、24時間体制での勤務が難しい場合も多く、男性産婦人科医と同じように勤務することは、どうしても難しいようです。

国は医師不足を埋める対策として、医学部の定員を増員する方針も打ち出しましたが、産婦人科にどれだけの効果があらわれるかは分かりませんし、成果が出るまでには、まだまだ年数が必要になります。産婦人科医同士の相互協力など、医療機関の連携が急務になっていますし、何よりも、産婦人科医が働きやすく、長く続けられるような勤務体制の見直しや、ワークシェアなどの対策も必要なのでしょう。人と人とのつながりやかかわりが特に求められる産婦人科だけに、多くのよい人材が集まることを望みます。

産婦人科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>産婦人科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014 産婦人科の医師求人サイトランキング All Rights Reserved.