産婦人科の医師求人サイトランキング

産婦人科医師求人TOP >> 産婦人科医のFAQ >> 産婦人科の医師は激務?

産婦人科の医師は激務?

産婦人科医不足が問題視されるようになってから、久しくなります。産婦人科医不足にはさまざまな理由が考えられるものの、1番の原因は、何といっても産婦人科医の勤務が、想像以上に激務であることが挙げられます。いつ起こるか分からない分娩を扱う産婦人科医は、24時間、365日、いつでも対応できるような準備や体制が必要になってきます。そのため、産婦人科医は、プライベートな時間を削りながらも、患者さんの診療に当たっているのです。

産婦人科のイメージを医学生に聞いてみると、「生命の誕生の瞬間に立ち会える」「あらゆる診療科の中でも、やりがいのある職場」という良いイメージを持つ意見が多くある中で、「昼夜問わずの勤務で、拘束時間が長い」「いくら母体などのケアをしても免れないリスクは多く、訴訟問題に発展することも多い」といったマイナスの意見も多くなっています。産婦人科医が激務であるといわれるのは、肉体的なものばかりではないようです。実際に産婦人科では、母体や新生児の異常など、出産にかかわる訴訟問題も多く、精神的にも厳しいものがあるといわざるをえません。

産婦人科医が不足している昨今、いくら少子化といっても毎日分娩はありますし、それ以外にも、不妊症の治療や性感染症、女性特有の病気などの対応にも追われています。産婦人科医の人数が減れば減るほど、医師1人当たりが受け持つ患者さんの数も増えますので、当然のことながら、さらに厳しい勤務状況になってきます。早朝から深夜に至るまで勤務が続いてしまうことも少なくはないのです。

産婦人科医は、生命の誕生の神秘を感じながら仕事をしているわけですが、常に喜びばかりではなく、時には障害を持って産まれてくるケースもあります。一方で臨まない妊娠のために、堕胎手術をおこなわなければならない時もあります。生命の誕生をサポートしながら、時には、命を断つ手術もしなければならず、精神的な負担もかなり大きくなっています。

常にいつ起こるか分からない分娩や、緊急の事態の備えているために、片時も気の休まる時がないという産婦人科医もいるほどです。複数の産婦人科医が所属している病院では、勤務体制を出来る限り整え、当直や夜勤など交替制にしていたりしているところもありますが、個人病院などではそういうわけにもいきません。激務のために、産婦人科から分娩を扱わない婦人科に転科する病院もあるほどです。

産婦人科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>産婦人科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014 産婦人科の医師求人サイトランキング All Rights Reserved.