産婦人科の医師求人サイトランキング

産婦人科医師求人TOP >> 条件別の求人事情 >> 婦人科外来のみ

婦人科外来のみの産婦人科医求人

婦人科外来では、更年期外来や婦人科の一般疾患を診療しています。婦人科外来の診療の対象は、子宮がんなどの婦人科腫瘍、思春期月経異常などの内分泌疾患、クラミジアなどの性感染症、子宮脱などの性器脱、そして、思春期のさまざまな問題や、更年期障害などのヘルスケアを主に診療しています。分娩自体の取り扱いはしないものの、婦人科外来のみの病院では、妊娠の初期診療や、妊婦検診をおこなっている病院も多くなっています。

ここ数年、産婦人科医不足が深刻な問題となっていますが、分娩のために昼夜を問わず対応に追われたり、緊急の処置が入ったりと、24時間体制での対応が求められますので、プライベートが疎かになってしまうことが原因ではないかともいわれています。婦人科の外来のみの診療でしたら、病院の規模や施設、設備によっても異なりますが、婦人科腫瘍などの外科的手術はおこなう病院もあるものの、分娩の夜間や早朝などの緊急対応がありません。そのために、産婦人科から転科する病院もあるほどです。

最近では、分娩を扱わない外来診療の婦人科も増える傾向にあります。日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会では、共同事業として2011年には、婦人科外来についてのガイドラインも発行されています。

生活スタイルの多様化や食生活の欧米化、また、性感染症の低年齢化など、婦人科系の疾患を抱える女性は年々増えています。また、子宮がん検診や、乳がん検診など、女性特有の婦人科腫瘍予防の観点などからも、婦人科の早期受診が注目されています。思春期から性成熟期、更年期、老年期と、女性は心も体も大きな変化を迎えます。そのため、女性の疾患を、幅広く診療する婦人科の果たす役割は、さらに大きくなっているといえます。

婦人科外来のみの求人は、健診の対応とともにおこなわれていることが多いのですが、家事や育児との両立がしやすいために、家庭を持った女性産婦人科医からもとても人気があります。産婦人科医不足から、たくさんの求人情報はありますが、現職を持ちながらの転職先探しは困難になります。しかも、好条件な病院の求人情報は、非公開でおこなわれることも多いため、専門に扱っているサイトを利用するとよいでしょう。運営会社にもよりますが、婦人科外来のみの病院に詳しい専任のコンサルタントがいますので、条件を選択したり、希望により近い病院を探したりと力になってくれます。また、病院との勤務条件の交渉などもおこなってくれることも多く、おすすめです。

産婦人科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>産婦人科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014 産婦人科の医師求人サイトランキング All Rights Reserved.