産婦人科の医師求人サイトランキング

産婦人科医師求人TOP >> 条件別の求人事情 >> ハイリスク分娩

ハイリスク分娩に携わる産婦人科医求人

晩婚化や不妊治療の受診者の増加の影響もあり、高齢出産や多胎児妊娠などのハイリスクな妊娠、分娩になってしまうケースが増えています。その数は、10年前の1.5倍とも2倍ともいわれています。ハイリスク分娩とは、「母児のいずれかまたは両者に重大な予後が予想される妊娠、分娩」のことです。正常に経過していた妊娠に、合併症などの問題が発生する場合と、妊娠前からすでに何らかの疾患を抱えている場合があり、40歳以上の初産婦や、BMIの値が35以上の極端な肥満傾向の初産婦、妊娠高血圧症候群で重症な妊産婦、内科的合併症を患っている妊産婦、双胎、低身長の妊産婦などが対象となり、年々ハイリスク分娩の数も多くなっています。妊娠リスクスコア自己評価表がありますので、妊婦自身も自己診断ができます。

ハイリスク分娩では、ほとんどの場合、経膣分娩が不可能になることが考えられますので、帝王切開術での対応が必要になります。また、母体や胎児が危機的状態になってしまう場合もあります。あらゆる場合においても、帝王切開術がおこなえる体制や、緊急時に対応出来る体制や設備が必要になります。また、低体重児の出産やその他、何かしらの異常を持って胎児が生まれてくることも想定し、周到な周産期の管理や母体搬送のタイミングの見極めが求められています。

一般の個人病院でも、ハイリスク分娩を扱うことのできる病院は数多くありますが、切迫早産の可能性がある場合や、合併症が重症化し、リスクがさらに高まった妊産婦の場合には、万一の際にも万全の対応が出来るような、大学病院や周産期センターなどへの転院を勧められる場合が多くなっています。大学病院や周産期医療センターでは、ハイリスク分娩を専門に扱っている施設ですので、切迫早産や前期破水、前置胎盤、胎児形態異常、多胎、妊娠高血圧症候群なども扱っています。

日本周産期・新生児医学会では、「母体・胎児認定施設」として認定している施設もあります。ハイリスク分娩を扱える施設で勤務する場合、重篤な患者さんに対応出来る知識はもちろんのこと、緊急時の判断力や対応力も養われますので、産婦人科医としてのスキルは最先端医療の提供など高度なものとなります。

産婦人科医自体が不足している中でも、条件のよいハイリスク分娩を扱う施設の求人情報を得ることは、容易なことではありません。産婦人科医の求人を専門に扱っているサイトでは、各分野に特化した、数多くの求人情報を扱う専任のコンサルタントが所属していますので、相談してみるのも良いでしょう。サイトによっては、細かい希望条件などの登録の他、会員登録が必要なものもあります。会員のみが得られる情報も多くなっていますので、おすすめです。

産婦人科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>産婦人科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014 産婦人科の医師求人サイトランキング All Rights Reserved.