産婦人科の医師求人サイトランキング

産婦人科医師求人TOP >> 条件別の求人事情 >> 総合病院

総合病院の産婦人科医求人

産婦人科医の活躍する場所は数多くありますが、中でも総合病院の産婦人科の場合、内科や小児科などほかの診療も併設していますので、合併症や緊急時の対応も可能になっています。総合病院では、ハイリスク妊娠や分娩、新生児の管理も一貫しておこなえますし、産婦人科医の数も多く、一般に専門性の高い医療も扱っています。産婦人科医も複数所属している場合が多いので、勤務体制がシフト制になっており、個人病院と比べて、時間的にも少し自由がきく病院も多いようです。

しかし、総合病院に通院してくる患者さんの数は多く、また、リスクの高い妊婦さんを扱うことも多くなりますので、総合病院の産婦人科医には高い技術や対応力、的確な判断力などが求められます。

産婦人科医不足が問題になっている今日では、産婦人科医の求人も多く、個人的に探すことも随分可能になっています。総合病院の産婦人科の場合、医師の人数や病床数にもよりますが、当直や夜勤がシフト制になっているところや、専任で担当しているところなどさまざまです。数多くの産婦人科医求人情報はありますが、やはり良質な求人情報は、なかなか見つけることが難しくなっています。

なぜなら、良質な求人情報ほど非公開のうちにおこなわれ、採用が決まってしまうことが多いからです。求人情報は常勤、非常勤の区別なくたくさんありますが、売り手市場であるがゆえに、通り一遍の情報に惑わされることなく、より希望の条件に合った勤務先を探したいものです。

総合病院の強みは、何といっても幅広い診療科があり、産婦人科医の他にも、常時新生児専門の医師も勤務していることでしょう。万が一、母体や新生児に何か異変があった場合にも、それぞれの専門の科で緊急対応が可能になっています。ただし、病院が大きければそれだけで良い訳ではなく、ナイーブな部分を扱う産婦人科だけに、個人病院のようなきめ細やかな対応も忘れて欲しくないものです。中には、設備やスタッフの充実を求めて、総合病院の産婦人科を選ぶ患者さんもいます。

大学病院の場合、教育の現場でもありますので、医学生や看護学校の学生が診察や分娩、手術に見学に入ることもあります。規模も大きい病院になりますと、給与面でも安定が見込めますし、産婦人科医やスタッフの数も多いため時間的拘束も少なくて済みます。また、同じ産婦人科でも、より専門性に分かれた診察をおこなっている病院も多く、大きく分けて産科や婦人科を別々に診察担当することもあります。より専門性を高め、何か目標を持って総合病院を希望する場合には、やりがいのある職場だといえるでしょう。

産婦人科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>産婦人科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014 産婦人科の医師求人サイトランキング All Rights Reserved.