産婦人科の医師求人サイトランキング

産婦人科医師求人TOP >> 産婦人科医師の求人事情 >> 産婦人科の医師の当直・夜勤

産婦人科の医師の当直・夜勤

産婦人科医の勤務時間は、開業医や勤務医の別、また、病院の規模などによっても異なりますが、早朝から深夜遅くまでに及び、他の医師に比べてみても、極めて労働時間の長い場合が多いようです。産婦人科の特徴ともいえるのですが、月11回以上の当直がある病院が、全体の45%以上にもなるともいわれています。同じ医師であっても、産婦人科や外科、内科、小児科など、診療科によってはどうしても当直や夜勤が必要になっています。そのため、当直や夜勤体制が取られているところは、けっして少なくありません。

とくに産婦人科の場合、お産の日にちや時間は決められるものではなく、いつ起こるか分かりません。産婦人科医の複数いる病院では、当直や夜勤の回数を決めて分担するなど、個人個人の労働は軽減していますが、個人の開業医院ではそういうわけにはいきません。いつ起こるか分からない出産のために、24時間・365日体制で備えておかなければならないのです。

個人病院での当直は、勤務している医師の人数からみてもなかなか厳しく、担当医を確保することが困難になるケースがあります。その場合、近隣産婦人科医との相互協力で、当直と同じような関係を保っている医院もあるようです。総合病院などで考えてみても、産婦人科医の当直や夜勤は他の科に比べて多くなっているようです。少ない病床の病院では、宅直勤務制を取っていることも多いのですが、どちらにせよ緊急時に対応出来るように、常時備えておかなければなりません。

女性産婦人科医の場合であっても多くの場合、男性医師と同じように当直や夜勤が科せられてきます。女性医師が家庭を持つと、どうしても勤務と子育ての両立が難しくなります。そうすると、どうしても当直や夜勤のない婦人科での勤務を希望する医師が多くなってしまうのが現実です。

数年前には、県立奈良病院の産婦人科医が夜間や休日におこなっていた当直の勤務について、奈良地裁は時間外労働と認め、勤務時間に対する割増賃金の支払いを命じました。医師の法的労働時間にも上限はあるため、当直や夜勤を通常業務の労働時間として認める判決が下っています。そのため、規定内で当直が持てない医師や、当直を敬遠する医師もいるために、当直や夜勤を勤めてくれる医師への求人は増えています。

ところが、産婦人科医の当直や夜勤で質の高い求人情報ほど、非公開にておこなわれていることも多くなっています。産婦人科医の求人を専門に扱っているエージェントも数多くいますので、相談してみるとよいでしょう。きっと希望に合う条件の勤務先が見つかることでしょう。

産婦人科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>産婦人科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014 産婦人科の医師求人サイトランキング All Rights Reserved.