産婦人科の医師求人サイトランキング

産婦人科医師求人TOP >> 産婦人科医師の求人事情 >> 産婦人科の医師になるには

産婦人科の医師になるには

女性の健康や出産など、生涯にわたってサポートしていく産婦人科医は、たくさんの女性を支え守り続けています。産婦人科医になるためには、まず大学の医学部で専門的知識を学び、医師国家試験に合格しなければなりません。しかし、それだけでは足りず、どの診療科の医師もそうですが、卒後研修でさまざまな診療科を経験し、目標とする診療科を決めていきます。その後産婦人科を希望した医師が、産婦人科医となることができるのです。「研修医」という名称を耳にすることがありますが、この卒後研修期間の新米医師のことを総称しています。この時点で、大学での6年間の勉強を合わせても、8年以上の学習と研修や実習などが必要になります。

日本国内で働く多くの産婦人科医は、単に医師国家試験に合格し、その後の研修を修了しただけではなく、日本産婦人科学会で定められている「産婦人科専門医」の資格も取得しています。日本産婦人科学会の試験を受け、産婦人科として認定された医師には、「産婦人科専門医」として学会より認定を受けることができます。産婦人科専門医の資格を習得するためには、日本産科婦人科学会が指定している病院で、3年以上の研修が必要です。初期研修期間を含めると、臨床経験5年以上が必要で、しかも、その後に学会で実施している試験に合格しなければなりません。

街中にある個人経営の産婦人科医院で、看板の医師の名前の横に「産婦人科専門医」の名称を目にすることがあります。この「産婦人科専門医」こそが、学会が定めた研修や試験に合格し、専門医の資格を得た医師だということなのです。もちろん産婦人科医だけではありませんが、人の命や健康を預かる職業だけに、大学で学んだだけでは医師として認められることはなく、長年の研修や経験、試験などを経て、晴れて産婦人科医になれるのです。

産婦人科医は、子宮がんや科学療法などを扱う「腫瘍医学」、内視鏡手術や不妊症治療などを扱う「生殖医学」、妊娠や帝王切開術などを扱う「周産期学」、更年期障害や子宮脱、思春期医療など女性に関する総合的な医療を扱う「女性医学」など、産婦人科医が習得し治療に当たる領域はとても広く、内科的分野から外科的分野に至るまでになっています。知識の幅はもちろんのこと、確かな技術が必要不可欠になっています。また、女性にとって産婦人科は、なかなか足の向きにくい診療科でもあります。女性の立場をよく理解し、真摯に向き合ってくれる医師こそが、産婦人科医だといえるでしょう。

産婦人科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>産婦人科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014 産婦人科の医師求人サイトランキング All Rights Reserved.