産婦人科の医師求人サイトランキング

産婦人科医師求人TOP >> 産婦人科医師の求人事情 >> 産婦人科の医師の女性

産婦人科の医師の女性

産婦人科医の仕事は激務である上に、少子化の影響もあり、平成15年頃より医師不足がささやかれています。出産という大仕事に向き合い、体力や精神力が必要な仕事なだけに、男性医師の多い職場でしたが、近年では、同じ女性として心のケアも出来るような産婦人科医を目指す女性医師も多くなっています。また、産婦人科は、多くの女性が活躍する職場でもありますので、その中心的存在ともいえる女性医師の存在は欠かせないものといえるでしょう。

しかし、女性の産婦人科医師が結婚し家庭を持った場合、自分自身の妊娠や出産を機に勤務を続けること自体が困難となり、産婦人科を辞めてしまう医師も多くなっています。女性の産婦人科医師が結婚後も勤務を続けるためには、家庭や育児との両立が出来る職場環境が必要です。しかし、分娩の時間や時期はいつ起きるか分からず、24時間体制で対応できるだけの心構えが、どうしても必要になってしまいます。また、自分自身の出産にかかわる期間の対応など、問題はたくさんあります。そのため、家庭との両立が困難となり、産婦人科を離れてしまうことになってしまうのです。女性の立場が分かり、女性医師が多く働きやすくなるような、産婦人科の職場改善が求められています。

産婦人科医は、生命の誕生という多くの喜びの瞬間に立ち会える反面、堕胎や死産など、悲しい現実とも向き合わなければなりません。同じ女性として、精神面でも耐えがたい時もあります。肉体面と精神面の両方が、とても必要である職業だとも言えるでしょう。

近年では、子宮がん検診や乳がん検診などの必要性が取り上げられることも多く、若年層の婦人科受診も増えています。女性にとっては、どうしても敷居の高い産婦人科です。男性医師への抵抗感が強い場合も多く、女性医師を求めて受診する患者さんも多くいますので、女性産婦人科医の存在は欠かせないものとなっており、需要は高まっています。そのため、家庭を持った女性産婦人科医の中には、開業医でパートとして健診を担当として勤務する方も増えています。

どの職業でもそうですが、とくに女性医師にとっては、どの科であっても家庭と仕事の両立は難しいものがあります。家族や周囲の支えがなければ、到底成し得ることが出来ない職業ではあります。しかし、たくさんの女性医師が、活躍の場を広げています。地域や職場によっては、産婦人科の女性医師が少しでも働きやすく、長く続けられるような体制を作り、対策をとっているところもあります。

産婦人科医の求人は、非公開でおこなわれているものも多く、とくに勤務条件や環境などを重視して探す場合には、専門の求人サイトを利用するとよいでしょう。専属のコンサルタントが、1人1人の条件に合った最良の求人情報を提供しています。

産婦人科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>産婦人科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014 産婦人科の医師求人サイトランキング All Rights Reserved.