産婦人科の医師求人サイトランキング

産婦人科医師求人TOP >> 産婦人科医師の求人事情 >> 産婦人科の医師のやりがい

産婦人科の医師のやりがい

産婦人科は出産の時間帯も選べず、勤務時間も長くなってしまいますので、敬遠されることも多い診療科になっています。しかし、デメリットばかりではありません。

命の誕生の瞬間は、誰もが立ち会えるものではありません。そんな感動的な瞬間に立ち会え、幸せの瞬間を共有できる職業は、けっして多いものではありません。産婦人科医として何度出産の現場に立ち会っても、どれ1つとして手を抜けるものがなく、1つ1つが感動の連続です。時には、何らかの原因で障害を持って生まれることもありますし、誕生することなく葬られる命もあります。人の力の及ばない生命の神秘に向き合える産婦人科医は、貴重な存在だといえるでしょう。

産婦人科医は、通常分娩だけではなくハイリスク分娩も扱いますので、胎児や母体のリスクを的確に判断し、どちらにも負担の少ない分娩方法等を選択することも大切で、即座に最良の処置を施さなければなりません。産婦人科には緊急を要することも多く、今までの知識や経験を即座に活かしとっさの判断をしなければならないことが数多くあります。産婦人科医としての知識や判断力、技量が常に問われるものですが、やりがいにもつながってきます。産婦人科医は、母子両方の大切な命と健康に携わる仕事ですので、医師としてのこれ以上のやりがいは無いかもしれません。

産婦人科は、出産時の救急医療や赤ちゃんのケアなどの他に、外科的や内科的治療や手術など多岐にわたっていますので、他の科ではなかなか経験することができません。外科的側面と内科的側面を持ち得る科ですので、診療内容も幅広くなっていますし、やりがいの多い科です。そして、周産期医療にかかわる以外にも、多くの専門的知識が活かせる職場です。

産婦人科医には、日本産科婦人科学会が推進するように、女性の健康を生涯にわたって総合的に支援することが求められています。しかし、婦人科の検診の重要性はささやかれるものの、まだまだ敷居の高いのが産婦人科です。女性自身が自分のからだや健康にもっと興味や関心を持ち、より美しく輝いていられるサポートが出来るのも、産婦人科の役割であり、やりがいでもあるのでしょう。

周産医療の分野では、女性やご家族のライフサイクルにも寄与した対応が必要となりますし、更年期障害や子宮がんなどの女性特有の疾患では、ライフステージにも携わることができます。帝王切開術などのような外科的技術や、ホルモン療法などのような内科的治療もおこなわなければなりません。それらどれもに患者本人やご家族、スタッフとの信頼関係の構築も必要不可欠で、全てが産婦人科の技量となり、やりがいへとつながります。

産婦人科医師求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>産婦人科医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014 産婦人科の医師求人サイトランキング All Rights Reserved.